« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年8月10日 (木)

イカナニ vs MUSICisFREE!!! - marginal brains -

20060820_1

ブレイクコア、音響シーンの雄、DONNASUMMERと鬼才とも言われるデス・グラインドコアユニットAARONSPECTREの来日公演イベントを8/20(日)にやります!絶対来てください!

8/20(Sun) @TOKYO ! JASON FORREST / DONNA SUMMER & DRUMCORPS (a.k.a. AARON SPECTRE) JAPAN TOUR

イカナニ vs MUSICisFREE
-marginal brains-

2006.8.20(Sun) PM17:00~23:00
@StudioCube326芝浦 ARK(2F)  http://www.studiocube326.com/
Door/2500yen WithFlyer/2000yen

LIVE/
JASON FORREST/DONNA SUMMER(Cock Rock Disco/SONIG)
DRUMCORPS a.k.a. AARON SPECTRE(MASHIT/Cock Rock Disco/KRISS)
ELEKTRO HUMANGEL
MANX(イカナニ)
GGOD(イカナニ)
ヨッシー(COSMO)

DJ/
やけのはら
村木幸星(Superbad MIDI Breaks)
デストロォイ a.k.a. dub dub(イカナニ)
ニソ(musicisfree)

DECO/
東成

VJ/
SphinkS

HP/
musicisfree: http://musicisfree.cocolog-nifty.com/
イカナニ: http://scposse.blog16.fc2.com/

 

無機質な色の透明なにおい。
東京はいつだってそんな香りを漂わす。
汗と夏と黒いヤミは地下コンクリートジャングルの中に埋められたままだ。
-解放への闘争-
東京は芝浦、このコンクリートの聖地で自由への息吹を吹き返す。東京アンダーグラウンドの挑戦
MARGINAL BRAINS!!!!

【出演者プロフィール】

■ JASON FORREST/DONNA SUMMER(Cock Rock Disco/SONIG)

1159299_110_2
http://www.cockrockdisco.com/DS-bio/bio-main.html
http://www.sonig.com/
http://www.cockrockdisco.com/

約3年の沈黙を破りキング・オブ・ブレイクコアことJASON FORRESTが来日!!! 3年前の来日公演(DONNA SUMMER名義)では当時まったく無名ながらも ROVO/井上薫/SOFT/L?K?O等と共演、東京、大阪をツアーし各地で大反響を巻き起こした。 彼の楽曲スタイルはロック/ディスコ/パンク/ソフトロック/ハードロック/ヘヴィー・メタル 等のサンプルをコラージュし、独自の世界を構築する。近年の作品ではカントリーシンガー のLaura CantrellやDavid Brubbsなどをフューチャーする等、音楽性の広がりを見せ、 耳の肥えた音響系やエレクトロニカ系のリスナーにも大きな評価を得ている。
自身のレーベル Cock Rock Discoは、JASON FORREST自身のリリースの他にDURAN DURAN DURAN、DEV/NULLを筆頭に、彼が音楽的に共感したアーティストを 積極的に発掘し、リリースやプロモーションを行っている。
そして彼のもう一つのバックグラウンド、レイブ/ガバのリリースを主体としたWHITE COCKシリーズ(KNIFEHANDCHOP/WARST/BONG-RA等が参加) や日本が世界に誇るHARDCOREレーベル『Maddest Chick'N Dom』のコンピレーション12インチを企画制作するなど、多方面に活動を行っている。
年間100回以上のSHOWのために世界中で行っている彼のライブを見逃すな!!!!

LIVE VIDEO

http://www.thewire.co.uk/web/camera.php
VIDEO CLIP
http://www.cockrockdisco.com/JFDSwpweb.mov
http://www.waverlyfilms.com/jon/
MP3
http://www.sonig.com/main/downloads_free/Nightclothes.mp3
http://www.sonig.com/main/downloads_free/Stepping%20Off.mp3
http://www.cockrockdisco.com/mp3's/respect-the-cock.mp3
レビュー
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=887292&GOODS_SORT_CD=101


■ DRUMCORPS a.k.a. AARON SPECTRE(MASHIT/Cock Rock Disco/KRISS)

Drumcorpssm
http://www.drumcorps.cc/
http://aaronspectre.com/

今最もブレイクコア/ラガ・ジャングルシーンで注目を浴びている奇才・AARON SPEACTERによる激烈デスグラインドコア・ユニットDRUMCORPS(ドラムコロップス) ブレイクコア/ラガジャングルアーティストBONG-RAのレーベル『KRISS』からリリースしたデビューシングル(10インチ)は此処日本で もブレイクコアリスナーやグラインド、デスメタルなどのリスナーにも大絶賛される。昨年はヨーロッパを中心に大規模なツアーをこなし、 DOORMOUSE/REMARC/OTTO VON SCHIRACH/JIMMY EDGARなどの大物アーティスト達と共演。 2006年に入りDJ/RUPTUREが主催したSONIC ACT FESTEVALに出演し、最も高い評価を得る。 今後は日本の『omeko』から12"シングル、そして全世界待望のデビューアルバムをJASON FORREST主催のCock Rock Discoから発売! 世界中が震撼した壮絶なライブをお見逃し無く!

LIVE VIDEO

http://www.drumcorps.cc/assets/video/wasted2_drumcorps_rmx.mov
http://drumcorps.cc/assets/video/drumcorps_berlin3.mov
http://www.drumcorps.cc/assets/video/wasted2_drumcorps_drumsolo.mov


■ ELEKTRO HUMANGEL
ゴアゴアでトランシーなダンス・ハードコア・チューンをぶっ放す享楽者達の開放戦線!!ボアダムズにヤラれた人間ならこれも聴け~!ってか共闘しろ~!!フリーダムって何だ~??
http://www.tosp.co.jp/i.asp?I=dokojiki_humangel


■ MANX
dubdub a.k.a.DJ DESTROY、NAKAGEWA、皮、コウちゃんから成るDUB×DISCO×CORE。基本的にセッションしかしない、出来ない。グラインドのリズム に乗せて、皮×中の喘ぎ声かも知れぬキ○ガイスクリーム!噂の暴音レーベル「イカナニ」の核として、東京のコア中心部に潜入&突撃!サーチ&デスト ロォォォォイ!!!!
http://scposse.blog16.fc2.com/


■ GGOD(イカナニ)
兄弟二人で即興を繰り出す、ジャンクコアユニット。兄がギター、弟がドラム、弟が
ベース、兄がドラム、弟がギター、兄がベース!!!と、果てしなく続くその演奏サイク
ルと、お互いの演奏から繰り出すサンプリングやフォードバックも交えピークでは絶
頂過剰演奏フィーヴァーに!!!その音楽性から「双子のルインズ」と比喩されたとかさ れてないとか!(注:not双子です)
http://scposse.blog16.fc2.com/


■ヨッシー(COSMO)
高円寺「STUDIO DOM」で一時期伝説のアナーキーパーティー「COSMO」を作り上げた張本人、というか住人、その名も「ヨッシー」。誰も彼の素性を知らないし、当日何をやるのかもわからない。伝説(になるかもしれない)ライブを見逃すな!

■やけのはら
声&音担当するALPHABETSで、アルバム『なれのはてな』を03年にリリース。
その後、NHKやSSTVの番組の楽曲製作、漫画"ピューと吹く!ジャガー"のドラマCD、イルリメアルバム、YMOトリビュート、ストラグル・ フォー・プライドのEP、GHETTOコンピ等に参加しつつ、お茶の間感覚のDJも年間80本ほどしたり、クイックジャパン~BLASTなどで文筆業した り。EDIT盤『SUPER RECYCLE』と、DJMIX『SUMMER GIFT FOR YOU』も好評発売中。このごろ気になっている言葉は『クーポン』です。頑張るぞ!やー!
http://yakenohara.blog73.fc2.com/


■村木幸星(Superbad MIDI Breaks)
東京一"Superbad"な男。
2004年に結成したStreet Booty Bass Terror、Superbad MIDI Breaks主宰。
所有する2600W"Nu-clear Soundsystem"で数々のパーティーを手掛け、 2005年にはレーベルSuperbad MIDI Breaksを旗揚げ、地下で活動を続ける。様々なスタイルによりLive/DJを行う村木は、唯一無比の存在感と圧倒的な説得力にて、常にパーティー ピーポーを魅了してやまない。これまでに、CAUSTIC WINDOW(RICHARD.D.JAMES)&REPHLEX Team、永田一直、DUBSONIC SUPERVIBES、NANAO、L?K?O、GOTH-TRAD他数々のアーティストと競演する。
http://www.superbadmidibreaks.com/


■デストロォイ a.k.a. dub dub(イカナニ)
東京アンダーグラウンドを狂気と恍惚の世界に落とし入れる、フリーキー集団、「イカナニ」主宰。彼らが主催するイベントでは、Shiro The Goodman,L?K?O,KEIHIN,CHAMPIONBASS他、様々なゲストが出演し彼らのスタイルに共感を示している。また今年CD「イカナ ニ or DIE」を都内UNION等で発売。その暴れっぷりはとどまることをしらない。
http://scposse.blog16.fc2.com/

【行き方】
maps/
http://www.studiocube326.com/img/info/map_big.jpg
blog道案内/
http://musicisfree.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/studiocube326_15b2.html

【関連mixiコミュ 】
イカナニ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=333960

MUSICISFREE
http://mixi.jp/view_community.pl?id=839794

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2006年8月 9日 (水)

StudioCube326の行き方

StudioCube326に初めて行く方も多いかと思われます。
特にJR田町駅・地下鉄三田駅(ゆりかもめ芝浦埠頭からは5分です)道案内を。。。

まずJR田町駅の改札を出て、左手の芝浦口(東口)を進みます
(地下鉄三田駅からはA4出口を出て真っ直ぐの田町駅を通り抜け、反対出口に出る)
Photo
んで、階段を降ります。
060810_17520001
とりあえず真っ直ぐ進むと、らんぷ亭と右手にローソンが見えますので
060810_17540001
らんぷ亭の次の角を、左手に曲がります
イイ感じの居酒屋を左ににらみながら、ここから大分真っ直ぐ歩きます。
060810_19030001
またすぐローソンがありますが気にしないで真っ直ぐ進んでください
060810_18590001
ドトールの交差点も真っ直ぐ、その後AMPMも左手に見ながら、ひたすら真っ直ぐ進んでください。
060810_18570001
さするとオリジン弁当が見えますので、ここの道を真っ直ぐ横切り、
060810_18560001
この「あすか製薬」とかいうかなりでかいビルを右に見ながら進んでください。
そうするとローソンを右に見てまっすぐいくと、すぐに橋があるので渡ります。
060810_18530001
橋を渡ると向こう岸にサンクスが見えますが、この時点ですぐ右折。
060810_18130001
曲がるとき、右側には公衆トイレがあります。
そうして真っ直ぐ行くとすぐ右手にStudioCube326が!
(一階は左側がカフェっぽくなってます)
はいカンタンですね!カンタンにいうと二、三回しか曲がりません。
Map
ちなみに今の道はオレンジの道です!時間で言うと10分かからないくらいです。
よかったらこのページを携帯で見て確認してください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

TOKYO DREAMS COME TRUE

xinlisupreme okanoさんより当日の感想がメーリングリストにて配信されました。

沢山の人がイベントに訪れてくれて嬉しかったです。直接お礼を
言いたかったのですが出番が最後で、きちんとお客さんと話す機会も持てなかったので
この場を借りてお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。
ライブではがっかりさせてしまったかもしれませんが、xinlisupremeという
ロックンロール・スウィンドルを再び出来た気分で私は満足でした。
来てくれた方もそう感じて騙されてくれてたら嬉しいです。

まだ分からないですが年内に新曲を作ることになるかもしれません。私の演奏の際に2曲程
練習をしてみたのですが結構気に入ったので、ちゃんと練習して録音もしたいなとか思ってます。
いつも行き当たりばったりで都合が付かず結局作れないかもしれませんが、その時はお楽しみに。
最後にもう一度、東京の皆様ありがとうございました。 



私の一度だけの東京日記  
題名-TOKYO DREAMS COME TRUE-

羽田に11時に到着。今度のイベントを主催してくれた西尾さんに
車で迎えに来てもらい、とりあえず場所を下見するべく六本木へ。
六本木へ行く途中、道を間違ってしまい、そのおかげ?で
お台場のフジテレビの建物や東京タワーとか観れてうれしかった。
bullet`sの場所を確認したあと、ヒルズでお茶。ヒルズ、デカカッタ。
リハ入りまで時間があるので、その間別行動。渋谷の楽器店を覗きました。
そのあとまだリハまで時間が2時間近くあったのですが、街でスカウトもされず
移動で疲れてたのでさっさとbullet`sに行ってしまおうということで、一人でバスにのって西麻布へ。
西麻布に着いたものの、40分ぐらい迷ってしまったけど、bullet`s発見。
まだ店が開いてないので、1時間以上店の前でタチボウケ。
bullet`sの向かい側に4階立ての大きな白い洋館(名探偵コナンにでるような)
があり何の標識もないので、お金持ちのお屋敷かな?と思って観てました。
しばらくすると超VIP風のカップルと洋館の人らしき人がドアから現れ、
洋館の人がそのカップルの車が屋敷の角をでるまで見送ってました。
予想ではおそらく会員制かなにかの超フランス料理店か何かなのでしょう。
その後もドアからVIPが現れるたびに、怪しまれると行けないので、
興味ない風に装いながらも、ちらちらガンガン観察してました。
リハの時間になっても誰も来ないので不安になってると、小雨の中で堂々と裸のキーボード
を背負って持ってくる豪胆な輩が一人現れました。おっ!出演者の人だと思いホッと
しつつ話しかけました。デデマウスさんでした。シンリの事を知っていてくれていたみたいでした。
凄い明るく楽しい人で、子供の頃の好きな音楽とかが一緒で話が盛り上がりました。
その後bullet`sの女性の方が来て、ようやく店の中へ入れました。 その後GGOD兄弟と
hitosarai,シャルルさんが続々来店。皆、楽器がまだ届いてなかったので、デデちゃん(デデマウス)
からリハ開始。格好良かった。東京のレベルは九州の非ではない事は分かってたつもりですが、
とにかくレベルの高さ、センスの良さに唖然としました。

そして機材到着後、その後お土産に買って持ってきておいた大分銘菓”ざびえる”を出演者、
bullet`sの方々に御配りしつつ、出演者皆でbullet`sに積みおろしていたのですが、
最後に残ったベーアンの前で一人残った私は、一応持ってみようと手にはかけたのですが
、”これは大人4人じゃないと無理無理。一人で持ったら腰の骨が砕け散ってしまう!”
と思い他の人が来るのをずっと待ってました。そこにGGOD兄弟が現れて、
兄ちゃんGGODが一人で軽々とナントその巨大ベーアンを持ち上げてしまったんです…
筧俊夫似の(本人いわく電グルの瀧似)本当に凄い人でした。

シャルルさんはプロフィールを見ると、芸術の大学教授をやっていらっしゃる凄い大物の方
みたいでしたので、一体どんなお方なんだろうとデデちゃんと2人で噂をしあっていました。
もしかしてこのイベント中お客さんを含め唯一人スーツ姿で現れるんじゃないかと恐れつつも
まってると普通のカジュアルな服装の優しい紳士な方だったのでよかったです。
シャルルさんに”風倉匠さんシッテマスカ?”ときかれたので、昔一度お会いした事があって
由布院の風倉さんの家に連れてかれて、風倉さんが飼っていたドーベルマン
(すごい大人しい優しい性格、吼えない)が見た目超怖かった話とかしたりしました。

hitosaraiの方達とはタイミングが悪くきちんとお話とか出来なかったんですが、イベント最後の
演奏のときはギターとパーカッションで良い乗りを出してくれて気持ちよかったです。
イベント後、西尾さんの弟さん夫妻と一緒に新宿まで行って、東京居る間荷物預かりますよと
親切に言われて、ありがたくお願いしました。
新宿で泊まり、次の日はメロコアの聖地、最終地点とも呼ばれる下北沢へ行きました。
しばらく商店街を徘徊後、ハイラインレコーズの前にたどり着きました。何か撮影をやっている
みたいでした。何だろ~と思ってみてたら、上戸彩さんが現れて、うわあ!と思ってたらいきなり
スタッフの輪から離れて、私の方を観てるんです。数秒近くシンリと上戸彩が見つめあいました。
多分偶然に視線の先にたまたま私が一人だけ立っていたみたいで、凄い笑顔で私の目と背後の景色を
みてました。スゴ可愛かったです。東京って…スゴイね。驚いた! -完-

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年11月 »